‘一般’ カテゴリーのアーカイブ

CROWDSTRIKEの障害

2024/07/19

本件については既にCROWDSTRIKE社から復旧手順が公開されています。

以下、CROWDSTRIKE社のサポートページからの復旧手順を記載します。

回避策の手順:
1.WindowsをセーフモードまたはWindowsリカバリー環境で起動します 2.C:\Windows\System32\drivers\CrowdStrike ディレクトリに移動します
3.「C-00000291*.sys」に一致するファイルを見つけて削除します。
4.ホストを通常どおり起動します。

なお、上記手順はパソコンが起動しないシステム担当者向けであり、所属企業の情報システム部等の正式な指示を待つことを推奨します。 また、個人の判断でWindowsを初期化しCROWDSTRIKEが動作していない状態で使うことはセキュリティリスクを高めることになるのでご注意ください。

Microsoft 製品の脆弱性対策について

2024/07/12

2024 年 7 月 10 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。

この内 CVE-2024-38080, CVE-2024-38112 の脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大する可能性があるため、至急、修正プログラムを適用してください。

◆詳細については、下記サイトをご覧ください。

https://www.ipa.go.jp/security/security-alert/2024/0710-ms.html

「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」説明会

2024/07/06

7月4日(木)から国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」説明会のオンデマンド配信を実施します。「情報処理安全確保支援士制度」は、サイバーセキュリティ対策に関する高度な知識とスキルを証明できる国家資格。本制度では、登録後の定期的な講習受講や3年ごとの資格更新によって、巧妙化するサイバーセキュリティリスクに対応するための知識やスキルを常にアップデートすることができます。

説明会では制度の仕組みや登録手続きの方法などのほか、現役の登録セキスペが資格の活用方法やメリットなどをご紹介します。今回は、大手電力会社のセキュリティ管理者とセキュリティベンダー企業の経営者の2名を講師にお迎えし、企業での人材育成や実務においてどのように資格が活用できるのか、登録することによってどのようなメリットが得られるのかなどを説明します。

本制度の基本的な仕組みや登録セキスペの実務談などを視聴できる機会です。

情報処理安全確保支援士試験の合格者の方はもちろん、組織の経営者・管理者、人事担当者、個人の方など、どなたでも無料でご視聴いただけますので、ご興味がある方はぜひお申込みください。

【実施概要】
配信期間:2024年7月4日(木)〜8月15日(木)
実施形式:オンデマンド配信(YouTube)

【プログラム】
1.国家資格「情報処理安全確保支援士」制度の仕組みについて(約20分)
IPA デジタル人材センター 国家資格・試験部 登録・講習グループ
2.情報処理安全確保支援士の資格活用例(1)(約15分)
情報処理安全確保支援士になって初めてわかったメリット
株式会社コネクトワン 代表取締役 吉田 晋 氏
3.情報処理安全確保支援士の資格活用例(2)(約15分)
重要インフラにおける資格活用例〜中部電力の取り組み〜
中部電力株式会社 DX推進室エキスパートセキュリティセンター所長 長谷川 弘幸 氏
4.国家資格「情報処理安全確保支援士」の登録手続き方法について(約8分)
IPA デジタル人材センター 国家資格・試験部 登録・講習グループ

プログラム2.3の「情報処理安全確保支援士の資格活用例」は配信期間中のみ視聴可能です。

【申込み期限】
8月15日(木)12:00(正午)
※視聴される場合は事前の申込みが必要です。

◆詳細・お申込み
国家資格「情報処理安全確保支援士」がわかる!説明会(オンデマンド配信)
https://www.ipa.go.jp/jinzai/riss/touroku/wakaru.html

セキュリティ関連情報

2024/06/29

情報セキュリティ10大脅威 2024の関連資料として、「簡易説明資料[個人編]一般利用者向け)」と「知っておきたい用語や仕組み」を公開しました。

◆簡易説明資料[個人編](一般利用者向け)

10大脅威(個人向け)に選出された脅威の概要や手口・対策を、画像やイラスト付きでわかりやすく解説した資料です。専門用語の解説もありますので、初心者でも理解を深めていただけます。

◆知っておきたい用語や仕組み

インターネットを安全に利用するうえで知っておきたいIT用語などについて解説する資料です。「理解は必須!」「できれば理解しましょう」「改めて確認しましょう」の3つのカテゴリで各用語を解説しています。「ダークパターン」や「パスキー」といった最近の新しい技術についても学ぶことができます。

いずれもパソコンやスマートフォンに慣れていない方にもおすすめの資料です。

シニア層の被害が多く確認されている #サポート詐欺 (偽警告)の手口なども解説していますので、対策の参考としてお役立てください。

▼資料のダウンロード

簡易説明資料[個人編](一般利用者向け)

https://www.ipa.go.jp/security/10threats/m42obm000000jlbr-att/setsumei_2024_kojin_general.pdf

知っておきたい用語や仕組み

https://www.ipa.go.jp/security/10threats/m42obm000000jlc5-att/yougoyashikumi_2024.pdf

情報セキュリティ10大脅威 2024

https://www.ipa.go.jp/security/10threats/10threats2024.html

50周年コンサート!

2024/06/22

80年代にベストテンをはじめとしてヒット曲を披露していたアルフィーというバンドがあります。

50周年記念のコンサートに行ってきたのですが、ビジュアル的にも昔のままで、声もしっかり出ているし、ステージ一杯動き回っていて、そのままでした♪

それがなんと古希を迎えると言うのです!

あんな70歳のおじいちゃんになりたいものです・・・

Microsoft 製品の脆弱性対策について

2024/06/14

■IPAセキュリティセンターは、本日、標記の注意喚起情報を発表しました。
◇ Microsoft 製品の脆弱性対策について(2024年6月)

■概要
2024 年 6 月 12 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。攻撃が行われた場合の影響が大きいため、早急に修正プログラムを適用してください。

◆詳細については、下記サイトをご覧ください。
https://www.ipa.go.jp/security/security-alert/2024/0612-ms.html

「AI事業者ガイドライン(第1.0版)」の公表

2024/06/07

生成AIの普及をはじめとして技術が急激に変化する中で、昨年5月に開催されたA
I戦略会議において既存のガイドラインに関して必要な改定などを検討する必要性が
示されたことを踏まえ、経済産業省および総務省では既存のガイドラインを統合・
アップデートし、広範なAI事業者向けの統一的でわかりやすいガイドラインの検討
を進めてまいりました。
両省において、それぞれ「AI事業者ガイドライン検討会」と「AIネットワーク社会推
進会議」を開催し、両会議での検討を踏まえて「AI事業者ガイドライン案」を取りま
とめ、令和6年1月20日(土曜日)から同年2月19日(月曜日)までの間、意見募集を
行いました。
その後、意見募集の窓口に寄せられたご意見と、令和6年3月14日(木曜日)に合同で開
催した「AI事業者ガイドライン検討会」と「AIネットワーク社会推進会議」における
議論を踏まえた第1.0版(案)を、AI戦略会議にて報告し、令和6年4月19日に、「AI
事業者ガイドライン(第1.0版)」を取りまとめました。
当ガイドラインは、AI開発者、AI提供者、AI利用者というAIに携わる幅広い
事業者の方々のAI活用を後押しすべく、㈰事業者の自主的な取り組みの支援、㈪国
際的な議論との協調、㈫読み手にとっての分かりやすさを基本的な考えとして作成さ
れております。また作成にあたっては、政府だけではなく、教育・研究機関、一般消
費者を含む市民社会、民間企業等の参加を得て、マルチステークホルダーの考え方を
重視いたしました。今後は必要な更新を継続して行っていく予定です。
貴団体におかれましては、会員企業の皆様に本ガイドラインについて周知いただくよ
うお願いいたします。

■広報発表
・経済産業省
https://www.meti.go.jp/press/2024/04/20240419004/20240419004.html

■「AI事業者ガイドライン(第1.0版)」掲載場所
・経済産業省
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/ai_shakai_jisso/20240419_
report.html

クロスサイト・スクリプティングの脆弱性

2024/05/31

◇WordPress 用プラグイン「WP Booking」におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性

■IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよびJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は、2024 年 5 月 24 日に「WordPress 用プラグイン『WP Booking』におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性」を、JVN(Japan Vulnerability Notes)において公表しました。

◆概要

aviplugins.com が提供する WordPress 用プラグイン「WP Booking」は、予定を視覚的に表示するほか、登録や参加状況を管理することができる機能です。
・「WP Booking」には、クロスサイト・スクリプティングの脆弱性が存在します。
・当該製品を使用しているサイトにアクセスしたユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される可能性があります。
・開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

◇「Splunk Config Explorer」におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性

■IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよびJPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)は、2024 年 5 月 24 日に「『Splunk Config Explorer』におけるクロスサイト・スクリプティングの脆弱性」を、JVN(Japan Vulnerability Notes)において公表しました。

◆概要

・「Splunk Config Explorer」は、Splunk 用のファイルに関する設定ビューアです。
・「Splunk Config Explorer」には、反射型クロスサイト・スクリプティングの脆弱性が存在します。
・当該製品を使用しているユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される可能性があります。
・開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

広島県情報産業協会での活動

2024/05/24

この度、16年間務めさせて頂きました、広島県情報産業協会常務理事を退任する事となりました。

情産協では、人材開発委員会及びHiBiS特別委員会を担当させて頂きましたが、特にHiBiSでは色々な経験をさせて頂きました。

これまでお世話になりました皆様方に御礼を申し上げると共に、広島でのIT業界の更なる発展を願っています。

TISAX審査員へ登録!!!

2024/05/17

ドイツ自動車工業会(VDA)が、会員企業における情報セキュリティの保護水準を引き上げるために、国際基準ISO 2700xの要件達成を要求した上で、達成すべき基準となるVDA情報セキュリティ評価基準(以下「VDA ISA」)を策定しました。2017年にはENX(European Network Exchange)と協力し、TISAX(Trusted Information Security Assessment Exchange)を確立しました。

TISAXは、ドイツの自動車業界において広く採用されるセキュリティ評価の仕組みであり、自動車会社は取引先に対して、この基準に基づいて外部の審査機関による監査を受けることを求めています。この流れを受けて、欧州の自動車業界でも同様のTISAX認証の要求が広まっており、中国及び米国までの同調の動きを見せています。

これまでISO27001の審査活動を中心にセキュリティ監査を進めてきましたが、この度TISAX審査員への登録の手続きを行い、今後は国内の自動車サプライヤーに対してもセキュリティ監査を展開してゆきたいと考えています。OEMからTISAXのお話しを聞くようになりましたら、お気軽にご相談下さい!!!

Categories
Bookmarks
Search
Archive

You are currently browsing the archives for the 一般 category.